賢くキレイな美しさを手に入れる!

自宅でクリームバスをしています

美容院でクリームバスをしてもらって以来、あまりの気持ちよさに自宅でもするようになりました。

 

クリームバスの本場インドネシアでも使用されているものや、国内の有名美容院で使用されているものなど、いろいろなものを試してきました。そんな中、最近気に入ってよく使っているのは、アロエベラが主成分のクリームバスです。

 

アロエベラは、髪の癖をやわらかくする成分があるそうで、くせ毛で悩んでいる私にはぴったりです。水分と油分のバランスをちょうどよく整えてくれるので、クリームバスをした後は髪がサラサラになるところが気に入っています。

 

月に2度、かなり多めの量を使って頭皮をマッサージするのが定番です。

 

シャンプーをした後、手のひらに山盛り状態のクリームバスを頭皮や髪の毛になじませます。頭皮のマッサージは、下から上へ持ち上げるようにして行います。

 

しっかり頭皮になじませたら、ヘアクリップで髪をまとめて15分程度そのままにしておきます。この時間を利用して、湯船に浸かることが多いです。

 

その後、しっかりと洗い流すと、髪はツヤツヤ、頭皮はキュッと引き締まって、何とも言えない心地よさが感じられます。また、頭皮を持ち上げるようにマッサージをしたおかげで、頬のラインが上向きになっているのも実感できます。

 

手作りゴマージュで唇のカサカサを改善

唇がカサカサしてきたなと感じたら、ゴマージュを手作りしてケアしています。

 

ゴマージュとは、植物の力を利用して古い角質を取るという方法のことです。化学的なものを使わないので、肌に優しいというのが魅力です。

 

私がよく作っているゴマージュの材料は、砂糖とハチミツです。どちらも食べられるものなので、皮膚が薄くてダメージを受けやすい敏感な唇でも安心して使うことができます。

 

作り方は、ただ混ぜるだけです。唇に混ぜたものをつけて、指先でクルクルとなじませます。その後洗い流せば、唇はツルツルになります。

 

砂糖の程よいザラザラが古い角質を取ってくれます。

 

砂糖の種類によっても手触りが違ってきます。私は細かい粒子が好きなので、粉砂糖を使うことが多いです。

 

砂糖もはちみつも保湿効果があるので、古い角質を取りながら保湿ケアも同時にできます。ゴマージュをした後は、リップを塗ったようなツルンとした手触りです。

 

唇のカサカサがひどいときは、洗い流す前に3分ほどラップを上から重ねることもあります。はちみつがさらに皮膚に浸透して、ツヤツヤになります。

 

唇ほど皮膚が薄くない頬や額は、砂糖とハチミツだけでは古い角質が取りきれないいので、米粉をプラスします。自分の肌の状態を見ながらいろいろアレンジできるのが、手作り美容のいいところです。


このページの先頭へ戻る